夢の家と日常の家の違い

家の間取りを考える時にハウスメーカーからある程度の間取りが書いてある紙を渡されました。すごく変な間取りだったらどうしようと思いましたが、いたって普通の間取りでした。そして私が気に入ったところは収納が多い事でした。私としては一階にもしっかりと収納が欲しかったのです。そうすることで不要な家具を買う必要も無くなりますし、家具を置かなくてもいいので地震の時に転倒などを気にしなくても良くなります。私としてはとても気に入った間取りだったのですが、夫は嫌だったようです。話を聞くととにかく夢のようなことばかり言っているのです。「バーカウンターが欲しい。」と言い出したりとにかくかっこいいという感じにしたいと言うのです。私としては日常に住む家なので見た目はそこそこで機能を重視したかったのです。結局バーカウンターが欲しいというのは子供に却下されていましたし、金額的にもお話にならないくらい高いものだったので夫も諦めていました。あとからハウスメーカーの方に話を聞くとうちのような感じの意見の食い違いは多いようです。女性はどうしても収納を重視する傾向があるようです。私としてはせっかくのマイホームなので住みやすい家にしたいと言う気持ちが強かったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four × one =