古くから住んでいる人が家について一番詳しい

家は主人の両親の住んでいる家を二世帯住宅にリフォームして一緒に住むことになりました。
家をリフォームすることによって、いろいろと間取りは変わりました。
住宅会社の設計の方がいろいろと案を出してくれて、私たちでは出てこない、さすがな間取りの設計を提案してくれました。
わたしたち夫婦はその設計の方が出してくれた設計で頼もうと思いました。
いちお、自由にリフォームしていいよと、両親は言ってくれていたのですが、設計の方が出してくれた設計図は両親に見てもらいました。
するともうアイデアなんて出尽くしたと思っていたのですが、すでに住んでいる両親たちは、ここは風通しを良くするために窓を付けたほうが良いとか、家事動線を意識すると、ここは壁がないほうが良いなど、どんどんアイデアを出してくれたのです。
両親は遠慮がちに「口出ししてごめんね」と言っていましたが、ほんとに両親のアドバイスはためになったので、相談して良かったなと思いました。
やはりそこに長く住んでいる人は、よく見ているんだなと感心しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

9 + fourteen =