家を建てることになってから

自分たちが家を建てることになってから、友人の家に招待されたり、自分の実家の家など今まで気にも留めていなかったところに目がいったりすることが多くなりました。
例えば実家の両親がお風呂を新しくリフォームしたのですが、家を建てる前は、そうなんだと言うくらいで気にしていませんでしたが、自分たちもバスルームやキッチンを選び出してからは、両親にリフォームのことを聞いたり、実際にお風呂に入ってみて細かいところをよく見るようになりました。
昔と今の風呂場の違いはなんなのか。例えば床がタイルではなく、歩いてもあまり冷たくない素材になっていたり、浴槽は少ない力で、洗剤も少ない量で汚れが落ちるようです。そして浴槽の壁ももちろん防カビで、いろいろな柄が選べたようです。
昔は浴槽の色もピンクや青だったそうなのですが、今はほんとにたくさんの色、素材から選べるようになっていたそうです。
浴槽の高さも入りやすくなっていますし、お風呂場ひとつにしてもかなり進化しているんだなということが分かりました。
いろいろなお宅に招待されるとついついいろいろなところを見てしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 × 2 =