家を建てる場所の候補が決まったら

家を建てる場所の候補が決まったら、候補地が属する自治体が過去に編纂した市史(誌)・町史(誌)・村史(誌)を一度読んでみましょう。特に重要な項目は災害に関する記述です。例えば、大きな川が流れている場合、水害の発生頻度やよく浸かる場所がだいたい分かるようになります。もし、不幸にしてよく水が来る地域が候補地になっていた場合、考え方は2つあります。一つ目は諦める、2つ目は承知でそこに家を建てる、というものです。では、2つ目を選ぶ場合、どうしたら良いのでしょうか。過去にどれくらいの水が来たかが分かっており、それほど水位が高くないのであれば、地盤をかさ上げすることで対処できます。被害を床下浸水までに抑えることができれば家族が家の中で命を落とすことはありません。また、床上浸水と床下浸水では被害額も雲泥の差となります。ただし、盛土にはお金がかかるうえ、地震の際の不安もあるので、総合的な判断が必要です。また、それが困難な場合には命だけは守れるように家族一丸となった防災意識が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

one × 2 =